日光白根山歩き 1  H.29 07-17(日)
HOME
日光白根山 2
金精山 標高2,244m
(単独行)
天気:ガス
山頂気温:14.1℃
前白根山 標高2,373m
(単独行)
天気:曇り
山頂気温:12.6℃
白根山 標高2,577.1m
(単独行)
天気:曇り
山頂気温:17.4℃
中禅寺湖
太郎山
男体山
山歩き行程 (写真を撮りながらなので参考です。)
金精トンネル駐車場-28分-金精峠-35分-金精山-22分-国境平-27分-五色山
-24分-前白根山軽食撮影1時間2分-36分-避難小屋-13分-小屋分岐
(火口原往復29分)
-58分-白根
山頂昼食撮影46分-32分-座禅山分岐
(座禅山往復4分)
-7分-弥陀ヶ池-11分-五色山分岐
-49分-五色山休憩11分
-
16分-国境平-16分-金精山-42分-
金精峠-29分-駐車場
全工程 10時間54分(休憩等1時間59分含む)
キバナノコマノツメ
イワカガミ
ツガザクラ
避難小屋   9:28

 避難小屋前には、休んでいる人もいる。
中には誰もいません。
外には、行方不明者の張り紙が有る。
今年2月17日に白根山に登ったが帰って来ないそうだ。
今年は、大雪だったので私も登っていません。
何故かカメラの具合が悪いぞ!
五色沼分岐  9:06

 前白根南面にもコマクサが幾つか有る。
下った広場の様な場所が五色沼への降り口です。
足元には、ノウゴウイチゴの花が星をちりばめたように散らばっている。
他の花もぼちぼちと咲く。
 株の密度は、草津本白根山以上です。
ガスで白根山が見えないのが残念。
前白根山  7:50

 風雪に耐え変わった形のハイマツが有る。いったい何年たっているのだろう。
湯元方面から登山者が登って来る。
ガスで全く見えないけれどコマクサが咲く所まで行って見よう。
 ザレ場を降りて行くと群落が有ります。
人が来ないので、年毎に広がる感じです。
前白根山へ

 ハクサンシャクナゲが凄いです。
こんなの見るのは初めてです。
ダケカンバ林のハクサンシャクナゲは、とても幻想的で天気の悪さを忘れそう。
前白根手前に凄い花付きの株を発見。
近付くと、これでもかと咲いています。
お見事!これだけで大満足。
国境平  6:27

 金精山からコメツガ林の急坂を降り国境平へ出た。
左は湯元温泉への道、これから笹原を登って行く。
まだまだガスで周りが良く判りません。
金精山より五色山へ

湯ノ湖

金精峠   5:30

 峠に近付くとやっと緩やかになる。
立派な金精山が見え、神社は、木造で傷んでいたものを昭和33年に鉄筋コンクリート造りの社殿に立て替えててもだいぶ傷んでいる。
御神体の石造の男根が見られたが、鉄板で塞がれて見えません。
 先には、大きな男体山、手前の湖は湯ノ湖です。奥には戦場ヶ原がすこし見えました。

 昨日午後は、雷雨で梅雨明け近い。最近お天気が不安定でどうなるか判らない状態。
海の日の連休は、白馬岳を計画したが、長野の天気が心配だ。
新潟や上越国境も悪そうなので栃木方面しか有りません。
昨年は、7月31日に登ったがコマクサが終盤だったので今年こそ綺麗なコマクサを見たいものだ。

 菅沼からは、駐車場代1,000円掛かるので昨年と同じに金精峠から登ればお金は掛かりません。
日光・かたしなエクスプレス号を利用し、
菅沼-湯本間をバスに乗りるのも良いでしょう。

金精峠20台の駐車場は、昨日満車のようで道脇にも車が有りました。

 白根山は、昨年冬より常時観測火山として監視し警戒レベルが導入された。現在はレベル1である。

シロバナノヘビイチゴ
奥白根分岐  9:41

 白根には右へ行くが、コマクサを見るため火口原への窪みへと真っすぐ進んで行く。
以前は、鹿の踏み跡が有り歩き易かったのに全く無くなった。
花を踏まない様に歩くのは大変です。
底に着くとピンクのコマクサが有りました。
蕾も沢山あるのでお盆頃まで見られそうだ。
ミヤマキンバイ
イワオトギリ
ウサギギク
前白根山
前白根山より避難小屋経由火口原へ
五色沼

五色山へ

 景色は見えないが、ハクサンシャクナゲが多くなるので癒されます。
昨年7月31日登った時は、もうお終いでしたがけっこう咲いています。
一緒に歩く方は、シャクナロードだと言っていました。
五色山より前白根山へ

五色山  6:54

 五色山に着くが全くガスで白根どころか五色沼も見えません。
佐野の方とお別れし下の方にハクサンシャクナゲが咲いているようなので探して来ます。
そろそろ天気が回復しないかな?

金精山  6:05

 佐野の方は、白根隠山まで行くと言う。
私は前白根経由で奥白根まで行く予定で何も見えないこのガスでは・・・。
もう引き返したくなりました。
前白根でコマクサを見て帰るか?

金精山へ

 「登山道に亀裂が有ります。十分注意して下さい。」と立て札が有る。
本当にいつ崩れてもおかしく有りません。
今回も不安定な梯子やロープがあり、コースタイムより時間が掛かります。
白根山の地図
HOME
日光白根山 2

金精トンネル入口駐車場   5:02

 時間が早いので駐車場も車が少ない。
佐野の方がこれから登り出す所でご一緒します。
昨年も登ってはいても金精峠へは、急でとても荒れている。
国道が開通する前もこんな所を通ったのだろうか?

ツマトリソウ
ミヤマオダマキ
金精峠より金精山へ H.29  7月17日

避難小屋へ

 まだガスが切れず薄暗い中禅寺湖が見える。
急坂を降り、避難小屋へ向かう。
時折ハクサンシャクナゲも有るが、五色山に比べれば少ない。
ノウゴウイチゴ(実)
inserted by FC2 system